高梁中央病院

血液透析センター

血液透析センター

血液透析センターの特徴・特色

血液透析センターの特徴・特色
血液透析センターの特徴・特色

慢性腎不全により維持透析を必要とする患者さまは、年々増加しています。

当院では、入院治療も可能な維持透析施設をという地域の要望に答え、平成13年より血液透析室を開設しております。

平成24年の改築を機会に血液浄化設備を一新、35床の透析センターとして稼働し、on line-HDFを含め質の高い透析医療を提供しております。

明るく見通しの良い透析室で、待合スペースも広くとられており、ベッドには個室を含め全床液晶テレビも備え、透析時間を安全快適に過ごしていただけるよう努力してまいります。

また、旅行者透析も受け入れております。昼食の提供も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

透析センター医長  來山 浩之(きたやま ひろゆき)

医師の紹介

來山 浩之

医長

來山 浩之(きたやま ひろゆき)

日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医

谷村 智史

医師

谷村 智史(たにむら さとし)

日本内科学会認定内科医

日本腎臓学会腎臓専門医

近藤 恵

医師

近藤 恵(こんどう めぐみ)

医師の紹介

開設

2001年

透析ベッド数

35床(うち2床は重症者・緊急透析のための個室)

↑