高梁中央病院

当院について

理事長のご挨拶

理事長

今年で法人設立50周年を迎えることができました。

これも皆さまのご協力のおかげと感謝申し上げます。

医療法人清梁会高梁中央病院はこの地域の基幹病院を目指しながら地域医療を担っています。

当院が地域に対してどのような価値を提供したいのかと問われれば、それは生命を守ってくれる安心感と将来にわたって頼れる信頼感ですとお答えします。信頼される医療を提供し、安心してかかれる病院として、地域の皆さまに選んでいただけるよう一層頑張っていこうと思っています。

高梁中央病院の病院訓は「和と愛」という言葉です。職員同士は和をもって思いやり、患者さんには愛をもって接するという気持ちが大切だということです。

この精神を職員一同大切にしたいと想っています。

当院は病院ではありますが、地域のかかりつけ医としての役割も担っています。かかりつけ医でありながら、一方では地域の救急を受け幅広いニーズにおこたえしなければなりません。超急性期の治療が終了した患者さんをお受けすることも求められます。手術も行います。このように幅広いニーズに対応できる体制を整えることが当院の使命だと思います。

患者さんにとって一番の関心は医療の質だと考えます。当院はこれからも清潔で充実した施設、気持ちの良い接遇、そして安心と信頼される医療の質を提供できるよう全力を尽くしたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

病院長のご挨拶

病院長

はじめまして、医療法人清梁会高梁中央病院院長 吉田 栄一です。

平素より当院に格別なご支援、ご協力を賜り心よりお礼申し上げます。

我々は地域の中核病院として、まず急性期医療が当院の役割と考えています。今後もこの方針は堅持していきたいと思っています。高梁地域も高齢化が進み、在宅医療、周辺の老人施設との連携も重要となっており地域包括ケア病棟、療養病棟、さらに新たに介護医療院開設も行い、地域完結を目標に今後も努めてまいりたいと思っています。

今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

病院理念

1.

安心し、納得していただける医療を提供します。

2.

心の通い合う信頼関係を築いていきます。

3.

地域の中核病院として、地域医療に貢献します。

基本方針

1.

急性期から慢性期までの質の高い医療を提供します。

2.

他の医療機関との連携を密にして、患者さんの選択を尊重します。

3.

安全な医療技術の研鑽やサービスの向上に努力します。

↑